日別: 2019年10月7日

言葉が活躍した栃木の出会い

言葉ではその理由をうまく説明できないが、

栃木で出会い体験 〜女の子と出会えるスポットを完全網羅


感覚的にそう思ったのだから仕方ない(^.^)。

それにしても、
あの「ファンキーさん」は
これから先は大丈夫なのでしょうか?(^^ゞ栃木の出会い

活躍を祈るばかりです(^^ゞ
ファンキーな人々③ 』

栃木の出会い
写真を表示栃木の出会い
『ケーシー高峰』

この人を忘れてた(^^ゞ

御年82歳。

これだけ「くだらないけど高度で至福」な芸風もないかもしれない(^^ゞ

まだまだお元気でいてください(#^.^#)

『 ファンキーな人々 ② 』栃木の出会い

写真を表示
貴乃花親方の名言

「ちゃんこは部屋で食うものです」(^^ゞ栃木の出会い

そのモノマネをする松村もサイコー

『 ボウイとプリンスへの69の日 』

写真を表示
『ロックンロール・ウィズ・ミー』デヴィッド・ボウイ

『ロックンロール・ラブアフェア』プリンス

今年は
ビートルズ来日50周年、
そして自分の生誕50年という記念の年の「ロックの日」であったわけだけど(^.^)、

なにより
この二人を改めて追悼すべきと思った。

ありがとう
ボウイ、
そして栃木の出会い
プリンス★

来日の瞬間栃木で出会いました

そして、
ビートルズ来日50周年の記念の年に(まさに今日この瞬間に来日!!)、

栃木で出会い体験 〜女の子と出会えるスポットを完全網羅

10月のリンゴ来日公演のニュースは嬉しかった\(^.^)/

栃木で出会い
UDOさんありがとう☆

もちろん行くつもりだけど、
間違いなくその時は、

まず、リンゴがドラム・セットの前に立ったときに涙腺が緩み、

それからさらにスネアの音1発を聴いただけで涙腺が崩壊することだろう(^^ゞ

今のうちにハンカチも用意しておくか(^^ゞ

『 バグバグバグ、孤独を歌う22歳 』

栃木で出会い
写真を表示
『オン・マイ・ワン』ジェイク・バグ

イギリス出身22歳のシンガーソングライター、ジェイク・バグの3rdアルバム。

新たなチャレンジが何の違和感もなく、栃木で出会い
やはりコイツはただ者ではないことを感じさせ、
デビュー時から言われていた
「ロックの未来」を担う一人にふさわしい出来ばえのアルバムだと思った☆

彼は確か労働階級出身。

今回のEU問題をどう思っているのだろう?

ジェイク・バグ、
今度は
パンクアルバムを出してくれ\(>_<)/

『 ファンキー大賞決定!! (笑) 』栃木で出会い

写真を表示
『岡本太郎』

栃木で出会い
全3回にわたってお届けさせてもらった
「ファンキーな人々」の中から
最も「ファンキー」だと思う人物を選んでみた(^^)

それぞれ皆さん素晴らしい個性の持ち主の中で(^^ゞ、
なぜ岡本太郎なのか??

今年は表示をしていた栃木の出会い

今年の暑い夏もこのTシャツで

栃木で出会い体験 〜女の子と出会えるスポットを完全網羅


気をひきしめて乗り切ろう(#^.^#)
『 また一人、、、 』

写真を表示栃木の出会い
『エルヴィス・プレスリー』(1956)エルヴィス・プレスリー

デビュー前からエルヴィス・プレスリーを支えてきたギタリスト、
スコッティ・ムーアが亡くなった。

栃木の出会い享年84歳。

エルヴィスより少し歳上だったのですね。

ビートルズ、ストーンズ、クラプトンなど60年代デビュー組のほとんどが、
この人のギタープレイの影響を受けているのは間違いありません(>_<)

エルヴィスのメジャー・デビューからちょうど60年。

これも何かのタイミングなのでしょうか?

栃木の出会い
RINGO☆来日!! 』

写真を表示
『RINGO BEAT』エラ・フィッツジェラルド(1965)

栃木の出会い
まさかあのエラ・フィッツジェラルドがこんなナンバーをリリースしていたとは知らなかった(#^.^#)

これは
リンゴ・スターのドラミング、
そしてもちろんビートルズの登場が、栃木の出会い
音楽ジャンル問わず
それだけ衝撃的だったということなのだろう。

最新の表示をした鹿児島の出会い

最新技術によって

女性比率の高い鹿児島県で出会いを成功させた体験談


臨場感や迫力が増したであろう
リミックス・リマスターのサウンドは楽しみです☆
『AMY 』 』

鹿児島の出会い
写真を表示
昨日から公開が始まった音楽ドキュメンタリー映画『AMY 』

次の休日に劇場に足を運ぼうかと思っているけれど、鹿児島の出会い
はて、劇場で映画を観るのは何年ぶりだろう?

思えばそれは、確か14~5年前にお客さんからもらった招待券の
ジブリ映画『猫の恩返し・2』だった(^^ゞ

鹿児島の出会い
まして自分の意志で映画に行くのはどれくらいになるかな(^^ゞ

楽しみだけど、
万が一でも寝ないように気をつけなきゃ(^^ゞ

まあ、寝る暇もない内容だろうし、
ハンカチの用意もしておこう(#^.^#)

鹿児島の出会い『 写メランより日記でパシャ 』

写真を表示
ボブ・ディラン『ライク・ア・ローリング・ストーン』Tシャツ

「何も持ってないってことは、何も失うこともない、鹿児島の出会い

どんな気がする?

鹿児島の出会い帰る家もないってことは」

映画の確認をした鹿児島の出会い

岡本太郎風に表現するなら

https://sweet-map.com/kagoshima-deai/
「なんだこれは!」
っていう感じか(^^ゞ

とにかく鹿児島の出会い
この人の残してくれた音楽が
自分にとって生涯離れることがないという確認をさせてくれた映画だった(ノ_・,)
『AMY 』 を観た 』

鹿児島の出会い
写真を表示
彼女の人生には
いろんな事を考えさせられたし、
涙腺が緩みそうな場面がいくつかありながらも、

なにより
彼女が残してくれた音楽は
やっぱり一生モノであることを再認識させてくれる映画だった。

10数年振りに劇場へ足を運んで良かった(^.^)
『 大音量で聴け!! 』

鹿児島の出会い
写真を表示
『アット・ザ・ハリウッドボウル』
ザ・ビートルズ鹿児島の出会い

またまた嬉しいニュースが入った(^.^)

長い間未CD化だった
ライブ活動全盛時の
1964年と65年のライブを収めた
唯一の公式ライブ・アルバムが遂にリリース!!

これを聴けば
いかにビートルズが優れたカッコいいライブバンド、ロックンロールバンドであったかわかるはず。

特にこのアルバムで
ビートルズを初めて聴く若い音楽ファンがいたら、
一体どう思うのだろう??

鹿児島の出会い
もし、そんな音楽ファンがいたら羨ましい。

鹿児島の出会いなぜなら
いきなり最高のロックンロール体験ができたのだから(^.^)