鹿児島の出会いの話を適度に持ち上げた

「遅い5が好き」
鹿児島の出会いは優しく体を覆った。
適度にやわらかな肌ざわり。

おそらくくすぐり、律子はにっこりと顔を下に向けた。

「マッサージします」

https://daisuki-magazine.com/kagoshima-deai/

竜也が律子の耳元でつぶやいたとき、竜也は優しく体を持ち上げ、膝を離し、両膝を律子の左側に開き、覆うように体重を計った。

以前より鹿児島の出会いがよくなりました。

背骨を押し下げて体幹を調整すると、上半身が腰から持ち上げられます。

背骨に沿って、手のひらの付け根で手のひらの後ろに重りをかけ、押しながら両側を均等にこすります。

親指の腹を使用して、腰から肩への脊椎に沿った血流を刺激します。

手のひらと指先をリズミカルに動かして肩をほぐします。

血とリンパの流れが律子の体を刺激し始め、耳たぶと頬が赤くなる。

鹿児島の出会いは完全に竜也に任せた。達也はバスローブを脱ぎ、律子を裸にした。

色白の肌はわずかに染まり、汗をかいた肌はツヤがあります。