素晴らしくて置き去りにされる鹿児島の出会い掲示板

その青年は海で生まれました。

私は風の強い帆の胸で育ちました。

素晴らしく巨大になりました。

 

鹿児島 〜割り切り出会い掲示板【情報】

ある日、海に出て

鹿児島の出会い掲示板彼はもう家に帰りません。

多分その堅実な足跡で

彼は海に足を踏み入れた。

置き去りにされたもの鹿児島の出会い掲示板

泣いて小さな墓を建てる。

佐藤春夫の「詩集」より

それが彼が良い理由です。

彼は私の前にボールを持っています

そのボールは

彼は濡れているように美しい

彼はさらに恐れていたので、彼は無限を恐れていますか?

私の前に

彼が言った大きな花

しずか彼女はしなやかで強い花です

鹿児島の出会い掲示板八木重吉の「花と空と祈り」より

今日、私はこの二つの詩を私の小さな心で歌います、

人と防災未来センターの被災者に捧げます。

今日も人生を感じる鹿児島の出会い掲示板

1.17

生きている人生

生きることを許された人生

 

鹿児島 〜割り切り出会い掲示板【情報】

誰かに代わって救われた命

多くの犠牲で鹿児島の出会い掲示板

あなたの人生をありがとう

たった26年で手放す

その生き方は友達を失う

1.17鹿児島の出会い掲示板

さすが今日だけ

一緒に覚えておきます

あなたがその墓で眠っているなら

訪問しましょう

そして

終わらせられなかった愚かさ

叱るよ

文字に書き写すと整理されます

さて、すぐに出かけましょう

1月17日5:46:52

あなた次第

鹿児島の出会い掲示板この人生

あなたが注意深く生きるなら

レポートとしても

彼らとの思い出のために鹿児島の出会い掲示板

幼い頃から、たまに感心する詩があります。

第1巻は佐藤春夫の「海の青春」と題されています。

そしてもう1巻は八木重吉の「花と空と祈り」から。