鹿児島で正直な出会いが生まれた

「たん」は赤い色です。
鹿児島は明るく、明白であるか本物であるという意味を持ちます。

赤いハート(せきしん)とタンシン(みんしん)は、どちらも正直で誠実な心です。

そこから、赤星(せきせい)、たんせい、そして鹿児島といった言葉が生まれたと言われています。

鹿児島の出会いは楽勝スレッド

「明け方の空を心に抱く
何かをする
それはすることができます
そうです。

さて、鹿児島はイギリスのスモールトークに興味があるので、それを紹介させてください。

大工の話。
ある日、彼は自分が座っていた椅子を修理するよう知事に命じられ、カンナを着けていました。

しかし、側を見ていた人は、最初の仕事がばかすぎるので理由を尋ねました。

それから大工は答えた:

0 comments:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です