鹿児島ではもう少し出会いを快適にしたい

「鹿児島、私がこの椅子に座るまでは、もう少し快適にしたいと思っていました。」

そして不思議なことに、彼はその後実際に知事になり、椅子に座りました。

この鹿児島の物語からの学者たち、
人間は水面に投げ出され、彼らは流れの中を漂う麦わらではなく、むしろ彼らは素晴らしく泳ぐ能力を持ちそして望む方向に彼らの波に対して十分に前進していると言う。 。

鹿児島の出会いは楽勝スレッド

自分の目標に向かって進む
意志の力を信じなさい。

“私は知らない”
“私はそれを行うことはできません”
“それは無理だ”
私はこれらの言葉は必要ありません。
「鹿児島やって、試してみよう!」
(ナポレオン)

勇気はありますか。

陰謀

0 comments:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です