出会いで話したいことを鹿児島で伝えます

出会いむかし、東北地方の山中に「おイト池様」の等身大の座像がありました。
一人の席の時、老婆は「おとけ様」をクローゼットから引き出し、2人の脇に引きずり込む。
その後、2人はいとこに話したいことを伝えます。
顔を見ないので話しやすいです。

『出会い』は 『道具』という本に書かれています。
作者のもう一つの役割であるフェイクの話もありますが、岩手と宮城に4年ほど配属された後、奥羽山脈と北上山脈について学びました。

「おいとけさま」を頂きました。
50歳以上の妖怪らしい顔を見たので返事が来なかった…

50歳以上は妖怪扱いにならないことを知っていた…

妖怪は人と恋に落ちるべきですか?

出会いをタイプするように強制する必要はありません…

妖怪は近いうちに山に戻る…
第三者の立場から見ると、どちらが良いか、どちらがいいかは

0 comments:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です