出会いを止めずに鹿児島では帰りました

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

私は出会いです。彼は私に5年間彼と一緒にいた彼にさよならを言うように強制し、彼を残しました。

このように雨が降っていますが、出会いを止めずに出ています……このように終わらせたくありませんでした。

つぶやいているうちに、雨が降って濡れて家に帰りました。
私は本当に別れたくなかった。
鹿児島の出会いは楽勝スレッド

それはあなたが人を好きだったことはうそです。
嫌いじゃなかった。
しかし、私は本当にすぐに結婚したいと思っていました。
彼は勢いよく出てきて、自分の出会いをブロックし、それを削除し、そして電話帳からそれを消した。

私は「なぜ………なぜ私はこれをしましたか…?私はもうあなたに連絡することができません、私はあなたから聞きません…」
私の悪い習慣私は必死になったときにそれを後悔し、後ろ向きに考えずにばかげたことをする。

0 comments:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です