鹿児島の出会いをとてもよく覚えていた人がいました

それから鹿児島の出会いが経ち、突然ユミから電話がかかってきた。

由美「おい!今すぐお茶はいかがですか?」
私「え?鹿児島の出会いが降っています、お茶は今ですか?」
由美「雨が降っているときにお茶は飲めないの?」

私は優美に真由美に招待され、優美と出会ったカフェに向かった。
それで、由美だけでなく、とてもよく覚えていた人がいました。それが元ケールでした。

鹿児島の出会いは楽勝スレッド

(ええと…なぜ?なぜ由美と一緒にいるのですか?

つづく …
残りはまたあそこです!
鹿児島の出会いで商売があり、私は町に出かけました。
名古屋は狭い街なので、現在と過去の記憶が売り場全体で交差しています。
その人との思い出が重要である限り、それが単独の行動ではない日に、我々はその店に近づかないでしょう。
場所に付けられた記憶を上書きしたくありません。
やかんや理由でその地域から離れた午後。
ブルーノートに行きました

0 comments:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です